サロンの脱毛の痛みは減ってきています

サロンで全身脱毛を受けようと思っている人も多いと言えますが、痛みのことを気にして受けられないということも考えられます。

今までにサロンで脱毛したことがない人の場合には、特に痛みについて気になるものではないでしょうか。

以前にワキやデリケートゾーンの施術のみを受けてみた経験があるときに、痛みが強いと感じて我慢できずに通えなくなってしまった人もいると思います。



従来までのサロンの全身脱毛では痛みが強いことがデメリットとして挙げられていましたが、現在では導入されているマシンの質が向上していることもあって、痛みを軽減できるようになっています。痛みを気にすることなく通えるサロンが増えていますので、前に施術を受けたときに痛みが原因で通うことを辞めてしまった人であっても、再びチャレンジできる体制が整えられています。

従来までのサロンではニードル脱毛が主流の方法として採用されていて、ムダ毛に対して電流を流すことで毛根の破壊を行う方法となります。



この方法では強い痛みを感じてしまうために、施術のコースを最後まで受けられないという人が多かったですが、現在では光を照射する施術に変わっています。
フラッシュ脱毛であれば、メラニン色素に反応する性質のある光を毛根に照射することで、ムダ毛を弱らせることができます。



マシンから光を照射しても熱をそれほど感じることはありませんし、ニードルと比較するとかなりの痛みを軽減できる点が特徴です。